ブログ

需要を作り出す必要性について

マーケティング 2020/03/05


Miyajima Hiroshi

代表取締役、営業、web & 映像ディレクター

ハードロックとプロ野球、昭和のプロレスと鉄道好き


モノよりコトの時代

日本も成熟社会となり、どの家庭でも不足しているモノはない、子供も若者も生まれた時からモノには不自由せず、スマホも持たせてもらえ、欲しいモノがない無欲の世の中です。

それだけにコト(体験)を作ってあげなければモノに対する需要は生まれません。エレキギターの老舗ギブソン社が破綻したそうです。ステレオ機器メーカーのオンキョーやティアックを買収して相乗効果を図ったようですが、あくまでモノ作りの発想の範囲内です。

ギターは飾っておくモノではなく、演奏するための楽器ですから使うシーンを作ってあげなければなりません。
メーカーは、昔はたくさんあったプロへの登竜門となるコンテストを主催するとか、アマチュアギタリストのためのライブを主催すべきではないでしょうか。

でなければギターを大音量でならす場面もなくその結果ギターそのものも売れません。
これからの企業には広告宣伝で情報発信したり、イベントを作って需要を作り出す努力が必要とされるのです。

ステイションは名古屋市西区のウェブサイト制作、ホームページデザインの会社です。
名古屋市、愛知県内はもとより、東海三県、全国からお仕事を承っております。
ホームページに関する無料相談、無料診断、ホームページ企画提案のご相談を随時お受けしております。
TEL 052-531-7990
またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
ステイション・トップページへはこちら

Categories

関連記事

  • 自社を飲食店に例えるなら

  • homepageimage

    コロナウィルスで仕事がストップ!こんな時こそホームページ作りを

  • 検索広告ってどういう仕組み?

  • 生活感からマーケットの変化を感じよう



Contact
お問い合わせ

見積もり、ウェブ制作について
お気軽にお問い合わせください

電話アイコン

052-531-7990

お電話でのお問い合わせ

メールアイコン

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

ページトップへ